> > 送電端効率62%でギネス世界記録達成 仏コンバインド・サイクル火力発電所

送電端効率62%でギネス世界記録達成 仏コンバインド・サイクル火力発電所

記事を保存

米ゼネラル・エレクトリック(GE)と仏電力会社のフランス電力(EDF)は、フランスのブシャンにおいて、GE製HAガスタービンを用いた初のコンバインド・サイクル発電所が稼働を開始したと発表した。

また、GEはこのブシャン火力発電所では送電端効率62.22%を達成し、世界最高効率のコンバインド・サイクル発電所であることがギネス世界記録として認定されたことも発表した。GEとEDFは、本発電所の稼働について、新たな時代の発電技術とデジタル技術の融合のはじまりと説明している。

再エネのさらなる利用にも貢献

このコンバインド・サイクル発電所では、前例のないレベルの燃焼効率を達成したことに加え、30分以内にプラント定格出力に到達するという、これまで以上の優れたフレキシビリティを提供する。この能力によって、電力会社は系統のデマンドにおける変動に素早く対応し、系統に再生可能エネルギーの電力を接続し、さらに天候変化にも素早く適応することが可能となり、再生可能エネルギーのさらなる利用への道筋をつけることとなる。

(※全文:1,411文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.