> > アラブ首長国連邦に「日本製」植物工場の実証プラント 海外展開のショールーム

アラブ首長国連邦に「日本製」植物工場の実証プラント 海外展開のショールーム

記事を保存

丸紅、昭和電工および千代田化工建設は7日、3社共同で、中東を中心に植物工場の海外展開を推進すると発表した。その第一弾として、アラブ首長国連邦(UAE)最大財閥のアルグレアグループと共同で、2017年1月にドバイにおいて植物工場の実証プラントを導入する。本実証プラントを植物工場の導入を検討している顧客向けのショールームとしても利用していく。

植物工場とは、光、温度、湿度、養液供給などを屋内で人工制御し、年間を通じて計画的・安定的に野菜を生産する施設をいう。3社が推進する植物工場は、日照が不足または極端に変動する場所でも安定して栽培が可能な、完全人工光型だ。昭和電工が開発した「S法(SHIGYO法)®」を活用することにより、高い生育速度と収穫量を実現することができる。

S法は、昭和電工製のLEDを採用し、最適化された赤色光と青色光を一定間隔で交互照射することにより、野菜の成長が早まり出荷サイクルの短縮、電気代の低減を実現できる栽培法だ。照射するLED光の波長と強度を制御することで、野菜の味や硬さをコントロールすることもできるという。

(※全文:796文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.