> > 経産省、IoT・ビッグデータ処理で売上予測・新商品開発を競うコンテスト開催

経産省、IoT・ビッグデータ処理で売上予測・新商品開発を競うコンテスト開催

記事を保存

経済産業省とIoT推進ラボは、データパティシエがローソンのオリジナル菓子の売上予測・新商品開発に挑む「第2回ビッグデータ分析コンテスト」において、参加者の募集を開始した。このコンテストは「IoT」を活用した先進的プロジェクトの創出・社会実装に向けた取組みのひとつだ。

第2回のテーマは「流通・小売」。データ利活用に積極的な大手コンビニエンスストアのローソン等から提供されたビッグデータと、それを活用したデータ分析課題をもとに、アルゴリズムの開発競争をオンラインで実施する。

優れた予測精度・モデリングアイデアを備えたアルゴリズムの開発者、およびビッグデータ分析を活用した際立った新商品の提案者を、別途開催されるイベントにて表彰する。表彰式は、10月初旬に開催される国内最大の家電見本市「CEATEC(シーテック)」会場内で予定。売上予測部門の最高予測精度賞などの賞金は10万円。

参加費は無料。コンテスト応募受付期間は7月11日(月)から9月1日(木)まで。募集対象・応募方法は、コンテストのウェブサイトを参照のこと。


お菓子のPOSデータなどで売上を予測する

今回、分析の中心となるデータは、ローソンから提供される健康菓子シリーズ「ナチュラルローソン菓子」(全26種類)およびオリジナル菓子シリーズ「おやつごろ。」(全47種類)のPOSデータや商品特性データ。提供されたデータをもとに、データパティシエと位置付けられたデータサイエンティストが、「ナチュラルローソン菓子」の売上予測、ならびに売上への影響が強い要素を解明し、データにより得られたアルゴリズムやノウハウを、消費者ニーズにあった商品開発に活用することを目的としている。

(※全文:1320文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.