> > 愛知県で「リサイクルにおける液体分離技術」のセミナー 参加者募集

愛知県で「リサイクルにおける液体分離技術」のセミナー 参加者募集

記事を保存
愛知県で「リサイクルにおける液体分離技術」のセミナー 参加者募集

愛知県は、環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)と共同で、「リサイクル技術~液体分離技術を中心に~」をテーマとする「ビジネスセミナー」を8月3日に参加する。参加者の募集を開始した。定員は100名(先着順)、参加費は無料。

使用済み製品から再利用することができる資源を分離・回収する技術は、リサイクルなどを推進するために必要であり、循環ビジネスを行う上でも重要なものである。このセミナーでは、名古屋工業大学大学院工学研究科教授の森秀樹氏が「資源リサイクルを支える分離技術」について基調講演するほか、3件の事例を紹介する。

開催日時は8月10日(水)13:30~16:30、場所は愛知県産業労働センター「ウインクあいち」5F 小ホール1(名古屋市中村区名駅四丁目4―38)。講演内容は下記の通り。

開会挨拶(13:30~13:35)

基調講演(13:35~14:15)

資源リサイクルを支える分離技術

講師:森 秀樹氏 名古屋工業大学大学院工学研究科 教授

事例紹介(14:15~15:20)

塗料廃液を対象とした「分別」と「蒸留」による再資源化

鈴木 竜磨氏 豊田化学工業 技術部 技術課 課長

作動油・各種加工液のリユース化とスラッジ再資源化サービスの構築

沖野 浩章氏 サンメンテナンス工機 営業部 部長

溶媒抽出プロセスの低コスト化によるリン酸リサイクル事業の拡張

内野 雄貴氏 三和油化工業 技術部 課長

パネルディスカッション(15:30~16:30)

コーディネーター

森 秀樹氏

パネリスト

鈴木 竜磨氏、沖野 浩章氏、内野 雄貴氏

申込方法はEPOCのウェブページから申し込む。申込締切りは8月3日まで。定員に達し次第締め切る。


先導的で効果的な循環ビジネスの発掘・創出に向けて

愛知県では、先導的・効果的な循環ビジネスの普及・振興を通じて「環境と経済が好循環するモノづくり県のさらなる発展」を目指して、環境パートナーシップ・CLUB(略称:EPOC)と共同で、ビジネスセミナー等を「循環ビジネス創出会議」として開催している。今回のビジネスセミナーもその取り組みにおいて行うもの。

EPOCは、環境行動に熱意のある企業・団体等約280社が集まり、業種・業態の枠を越えて環境負荷低減活動等に関する研究、交流、実践および情報発信を行っている団体。循環ビジネス創出会議は、先導的で効果的な循環ビジネスの発掘・創出に向け、企業や研究機関などが自由に参加し、情報収集や意見交換を行う場として、例年、現地見学会、ビジネスセミナー等を計5回開催している。

【参考】
愛知県 - 「リサイクル技術~液体分離技術を中心に~」をテーマとする「ビジネスセミナー」

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.