> > 北海道ガス、高効率ガス発電所を新設 川崎重工製の最新型ガスエンジン

北海道ガス、高効率ガス発電所を新設 川崎重工製の最新型ガスエンジン

記事を保存

北海道ガスは11日、今後の電力事業の進展を見据えて、石狩LNG基地に建設を予定している高効率ガス発電設備の工事について、6月30日に川崎重工業と一括請負契約を締結したと発表した。2017年4月に着工、2018年10月の運転開始を目指す。

また、発電設備と樽川変電所(北海道電力)を結ぶ送電設備(自営線)工事については、北海電気工事へ発注し、7月下旬に着工する。高効率ガス発電設備の建設と送電線敷設工事等をあわせた総事業費は約100億円。

この事業では、世界最高の発電効率を誇るガスエンジンを複数台設置することで、需要変動に応じた経済的かつ効率的な発電を実現する。発電設備から、樽川変電所までの約8kmに及ぶ区間に送電設備については、発電設備稼働スケジュールに合わせた効率的な工事の推進と経済性を追求し、自営線とした。

また、同一ルートで送電設備工事を検討している「石狩新港新エネルギー発電合同会社(木質バイオマス発電事業者)」「エコ・パワー(風力発電事業者)」と協定を結び、3社が北海電気工事へ発注することで、経済性のさらなる追求と効率的な施工を目指す。

(※全文:1225文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.