> > 電力小売事業の営業ルール改訂 「販売電力量 < 再エネ発電量」の表示方法など

電力小売事業の営業ルール改訂 「販売電力量 < 再エネ発電量」の表示方法など

記事を保存

電力・ガス取引監視等委員会は13日、電気の需要家の保護等を目的に、小売電気事業者による需要家への適切な情報提供の方法など営業ルールについて定めた「電力の小売営業に関する指針」の改訂に関して、経済産業大臣に対して建議した。

改正案では、電気事業者の代理店である等と詐称する事例が発生していることを踏まえ、各小売電気事業者が、業務提携先である媒介・代理・取次業者を自社ホームページ等において分かりやすく公表することを「望ましい行為」として追加した。

また、電源構成等の適切な開示の方法において、小売電気事業者が発電事業も行っている場合に、その発電構成を表示することや、例えば、太陽光発電を行っている小売電気事業者が販売電力量以上の発電を行っている場合に、発電構成の表示と併せて「当社は販売電力量の100%に『相当』する量の太陽光発電を行っている」旨を表示することは問題ない旨を追記した。ただし、いずれについても小売りの電源構成と異なることについて誤認を招かない表示である必要があるとしている。

その他、改正案の概要は以下のとおり。

(※全文:1637文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.