> > 中国の大手2社が提携 高効率な単結晶太陽光発電モジュールを開発へ

中国の大手2社が提携 高効率な単結晶太陽光発電モジュールを開発へ

記事を保存
中国の大手2社が提携 高効率な単結晶太陽光発電モジュールを開発へ

ソーラーモジュールメーカーのETソーラー(中国)は、世界大手の単結晶セルメーカーである中国のXi'an LONGi Silicon Materials(LONGi)と提携し、高効率な単結晶太陽光発電モジュールの開発に着手する。

ETソーラーは2日、LONGiと合弁事業(JV)に関する協力協定に調印したと発表した。両社は合弁事業の下で、技術開発・製品・ブランド化・販売網におけるそれぞれのノウハウとメリットを持ち寄り、高効率単結晶太陽光発電モジュールを開発し、グローバル市場での拡販を図る。

両社は、将来のソーラー技術の開発において、発電効率とコスト削減がカギになると考えている。LONGiの単結晶セル技術は、太陽光発電(PV)の高効率化に、最も重要なエンジンとなる。両社の協力により、ETソーラーのブランドで、高効率な単結晶太陽光発電モジュールを創り出し提供することで、ダウンストリーム(下流部門)の発電において大幅コスト削減の実現を目指す。

ETソーラーとLONGiは、コラボレーションの将来に大きな自信を持っている。ETソーラーのシャンフア・ワン会長はこの戦略的提携について「PV産業の上流と下流部門を結びつけ、相互に補完し合う、効果的な同盟を作り出すものである」と語った。

LONGiのバオシェン・チョン会長は「われわれはいかにして世界市場を開拓するか、環境にどのように貢献するか、そしてネットメータリング(太陽光発電パネルを設置している家庭・企業に対する電気料金の計算方法)によって補助金を全く受けないPV産業をどのようにして確立するかについて、同様の見解とアイデアを持っている」と述べている。

ETソーラーとLONGiについて

ETソーラーは、太陽光発電モジュールメーカーとして、アジア、欧州、オセアニア、北米、南米に地域販売&マーケティング子会社、オフィスを持ち、90カ国余りの顧客に太陽光発電モジュールとターンキー・ソリューションを提供している。これまでに世界中の顧客に累積5GWのモジュールを供給してきた。

X'ian LONGi Silicon Materials Corp.は2000年に創設された中国の単結晶セルメーカーである。太陽光発電および半導体製品向けの高品質な製品とサービスを提供している。単結晶セル製品に対するR&Dに一貫して力を入れ、継続的なコスト削減を実現し、単結晶モジュールの中国市場シェアを20%から25%に高めている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.