> > 電気料金の明細書(検針票)を使わない電気料金プラン比較サービス

電気料金の明細書(検針票)を使わない電気料金プラン比較サービス

記事を保存
電気料金の明細書(検針票)を使わない電気料金プラン比較サービス

5つの質問に答えるだけで、ライフスタイルに合った電気料金プランがわかる

レバレジーズ(東京都渋谷区)は、一般消費者向けの電気料金比較サービス「Enejoy's(エネジョイズ)」において、5つの質問に回答するだけで、世帯ごとに合った電気料金プランが30秒で分かる「電気料金比較シミュレーション」を、8月3日にリリースした。

同社独自のアルゴリズムにより、電力使用量データがわかる「検針票」なしでの電気料金のシミュレーションを実現した。

質問は「住んでいる地方」「世帯人数」「平日家にいる時間帯」「休日家にいる時間帯」「よく使う冷暖房器具」の5つ。オール選択式の回答記入で、画面をクリックまたはタップして質問に回答するだけなので、面倒な数値などの入力は不要。約30秒で終了する。

これらの特徴のもと電気料金プランを変更すると、世帯によっては電気代を年間10,000円以上節約することができるという。

今後「エネジョイズ」では、電気料金の比較だけではなく、セット割やポイントなど、より多角的なプランの比較ができるサービスを提供していく考えだ。

電力自由化になっても、電気料金プランを変更したのはわずか2%

2016年4月に始まった電力小売りの全面自由化によって、消費者は自由に電力会社から電気料金プランを選べるようになり、電気代の節約が可能となった。同社のプレスリリースによると、自由化開始から3カ月がたった現在、実際にプランを変更したのは、全世帯のうちわずか2%に留まっている(電力広域的運営推進機関調べ)。プラン変更世帯が少ない理由の一つとして、消費者にとってライフスタイルにマッチした電気料金プランを調べる方法がよく分からないことがあげられている。

そこで、同社は、消費者がより簡単にライフスタイルにマッチした電気料金プランを選べる、「電気料金シミュレーション」をリリースした。

レバレジーズは、インターネットメディアを軸に、ITや医療、その他新規分野で事業を展開。業界最大手となるWebエンジニア/クリエイターの人材紹介サービスや、エンジニアの問題解決プラットフォーム「teratail(テラテイル)」などを手掛ける。

「Enejoy's(エネジョイズ)」は、電気料金比較を中心とした生活情報サイトとして、2015年9月にオープン。「衣」「食」「住」の3分野をスマート化(より賢く、より豊かに)するための情報の発信している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.