> > 採算性が読めず融資を受けられないメガソーラー 三菱総研など3社が支援

採算性が読めず融資を受けられないメガソーラー 三菱総研など3社が支援

記事を保存

三菱総合研究所(東京都千代田区)は8月3日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(東京都千代田区、以下MUMSS)および関電工(東京都港区)と、メガソーラー発電事業の出力抑制無制限案件などの事業化や、ファンド組成に向けて連携することで合意書を締結した。

2015年1月の再生可能エネルギー特別措置法施行規則改正により、東京・中部・関西電力を除く電力会社エリアで今後開発されるメガソーラー発電所のうち、接続可能量を超過したものは、無制限・無補償の出力制御を受けることとなった。このような出力抑制無制限案件は、売電量の予測が立たず採算性の検証が困難となるため、融資を受けにくく、開発や買収が進まないことが課題となっている。

※全文:834文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.