> > 屋根の太陽光発電、積雪荷重を算出する際「畜舎向け」の基準は使ったらダメ!

屋根の太陽光発電、積雪荷重を算出する際「畜舎向け」の基準は使ったらダメ!

記事を保存

設計用垂直積雪量の比較

太陽光発電協会(JPEA)は、太陽光発電システム設計時に積雪荷重を算出する場合、畜舎や堆肥舎を対象とした技術的基準による垂直積雪量数値は使用しないように、注意を喚起している。

太陽光発電システム設計時の積雪荷重の算出においては、JIS C 8955(太陽電池アレイ用支持物設計標準)および建築基準法、あるいは地方条例に基づいて計算するように法律で定められている。

しかし、実際の設計用積雪荷重算出にあたり、国土交通省告示第474号「特定畜舎等建築物の構造方法に関する安全上必要な技術的基準を定める告示」別表に記載された垂直積雪量を使用した事例が報告されている。

※全文:929文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.