> > ゲリラ豪雨でも大丈夫! マンホールで下水道あふれを感知する自立型センサー

ゲリラ豪雨でも大丈夫! マンホールで下水道あふれを感知する自立型センサー

記事を保存
ゲリラ豪雨でも大丈夫! マンホールで下水道あふれを感知する自立型センサー

水位の情報はクラウド上に保存される

富士通(東京都港区)は8月15日、ゲリラ豪雨などによる被害を軽減するため、下水道氾濫検知装置の販売を開始すると発表した。

水位を計測し、迅速なゲリラ豪雨対策が可能に

この装置は、水位情報を収集するセンサーを下水道のマンホールに設置し、無線通信で雨の日の5分ごと(晴れの日は1時間ごと)の水位情報をクラウド上に収集するもの。

この装置により、急激な下水道管路内の水位上昇を即座に検知でき、局所的な集中豪雨に伴う氾濫被害を軽減するための迅速な対応が可能になる。また、蓄積した水位情報を排水計画の検証や管路更新計画に役立てることができる。

装置搭載イメージ

装置搭載イメージ

温度差エネルギーでセンサーを稼働

今回用いるハードウェアは、富士通研究所(神奈川県川崎市)による研究開発と、2015年度から行っている福島県郡山市での実証実験をもとに製品化された。

水位情報を収集するセンサーは、温度差により得られるエネルギーを電力に変換する熱電変換ユニットから電力が供給される。

このユニットは、富士通九州ネットワークテクノロジーズ(福岡県福岡市)が開発し、一般的なバッテリー方式と比較すると、電池交換周期が10カ月から5年に延長できる。そのため、運用を大幅に効率化できることに加え、電源敷設工事が不要となり導入コスト抑制できるようになる。

再エネ×IoTでコストの削減を

近年、局所的な豪雨の多発や都市化の進展などにより、下水道氾濫の被害が甚大化している。そのため、浸水対策として、下水道管路の増改築や迅速な水位情報の収集が求められている。

このような背景を踏まえ2015年度に改正・施行された水防法では、地下街などの周辺地域に対し、下水道施設の水位情報を周知する制度が創設された。

しかし、従来方式の1つである、光ファイバーを用いた下水道管路内の水位測定方式では、測定箇所まで専用ケーブルを敷設する必要があり、導入のために多大なコストがかかったり、バッテリーを搭載した水位センサーは頻繁に電池交換を行わなければならなかったりなど、コストの抑制が課題になっている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.