> > ゲリラ豪雨でも大丈夫! マンホールで下水道あふれを感知する自立型センサー

ゲリラ豪雨でも大丈夫! マンホールで下水道あふれを感知する自立型センサー

水位の情報はクラウド上に保存される

富士通(東京都港区)は8月15日、ゲリラ豪雨などによる被害を軽減するため、下水道氾濫検知装置の販売を開始すると発表した。

水位を計測し、迅速なゲリラ豪雨対策が可能に

この装置は、水位情報を収集するセンサーを下水道のマンホールに設置し、無線通信で雨の日の5分ごと(晴れの日は1時間ごと)の水位情報をクラウド上に収集するもの。

この装置により、急激な下水道管路内の水位上昇を即座に検知でき、局所的な集中豪雨に伴う氾濫被害を軽減するための迅速な対応が可能になる。また、蓄積した水位情報を排水計画の検証や管路更新計画に役立てることができる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.