> > 暗号処理技術も省エネが必要! 東北大・NECなど、IoT機器向けに新技術を開発

暗号処理技術も省エネが必要! 東北大・NECなど、IoT機器向けに新技術を開発

記事を保存

東北大学、NEC、中央研究所は22日、IoT(Internet of Things)機器向けに、インターネット上でやりとりされる情報を守るために利用されているAES暗号を、高速かつ省電力で処理する技術を開発したと発表した。

今回確立した設計技術では、AES暗号アルゴリズムがガロア体と呼ばれる特殊な数体系に基づく計算として表現されることに着目。その数体系に基づく演算を圧縮する新手法を発見し、消費エネルギーをこれまでより50%以上削減した世界最高効率のAES暗号処理回路の開発に成功した。

この成果により、エネルギーの制約が大きい情報通信機器への暗号技術の搭載が促進され、モノのインターネット(IoT)と呼ばれる次世代ネットワークの安全性を大きく高めることが期待される。

※全文:2256文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.