> > 大阪府、省資源分野の優秀製品を選定 プラスチック射出成型、節水ノズルの2点

大阪府、省資源分野の優秀製品を選定 プラスチック射出成型、節水ノズルの2点

記事を保存
大阪府、省資源分野の優秀製品を選定 プラスチック射出成型、節水ノズルの2点

大阪府は、22日、環境保全や独創性における特に優れた技術として、資源の有効利用に配慮した技術・製品分野から、節水ノズル「Bubble90」と、樹脂成形の成形品質向上・省資源技術「遮熱hat(ハット)」の2技術・製品をゴールド・エコテックに選定したと発表した。

このゴールド・エコテックは、同府が府立環境農林水産総合研究所と連携し2003年度より実施してきた「おおさかエコテック(環境技術評価・普及事業)」において、同府内の中小・ベンチャー企業が開発した先進的な環境技術の中でも環境保全や独創性の観点から、特に優れた技術が選定されるもの。今回は、2016年度第1回技術評価の結果、選定された。

選定された技術・製品名、社名など、概要は下記の通り。

洗浄力にも優れた超節水ノズル「Bubble90」

DG TAKANO(東大阪市)

「Bubble90」

「Bubble90」

一般的な蛇口に簡単に取り付けられ、取り付けた状態のまま外部からの操作で水量を調整できる節水ノズルで、水の使用量を最大95%節約できる。水に大量の空気を巻き込ませて泡沫水とし、無電力で、吐出される水流を脈動させることにより、少ない水量でも従来と同等の洗浄力を期待できる。

樹脂成形の成形品質向上と省資源を実現する「遮熱hat(ハット)」

新日本テック(大阪市)

「遮熱hat(ハット)」

「遮熱hat(ハット)」

プラスチック射出成形製品の製造工程で使用する金属部品で、使用により樹脂の糸ひきトラブル等の軽減、成形品質の向上および歩留り(ぶどまり)の改善を図るもの。ステンレス鋼製メッシュの空隙部に真空セラミックバルーンを含有した特殊な塗料を塗布したものを、ステンレス鋼外装部品ではさみ込むことにより、プラスチック射出成形機のノズルと金型との間に装着したときの、双方の熱移動を軽減させる。


同事業では、今回を含め、94の環境技術・製品が「おおさかエコテック」に選定されてきた。選定された技術・製品は、環境保全・改善効果、原理の妥当性など、大学や公的試験研究機関等の専門家による客観的な技術評価を受けるため、環境保全に貢献する技術・製品である指標となる。また、同研究所のウェブサイトでは「技術内容説明書」として、専門的な機能や原理などを一般ユーザーにも分かりやすく解説し、周知をはかる。

同事業は、随時申請受け付け中だ。申請できる分野は、今回の「資源の有効利用に配慮した技術・製品」分野のほか、「有害化学物質の発生を抑制した技術・製品」「省エネルギー技術・製品」「ヒートアイランド現象を緩和する被覆技術・製品」「再生可能エネルギーを利用した技術・製品」「環境負荷を低減する排水処理技術・製品」などがある。

「再生可能エネルギーを利用した技術・製品」分野からは過去、「無落差・低流量対応型流水利用式マイクロ水力発電システム(山崎)」がゴールド・エコテックに選定されている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.