> > 中部電力、2017年度「調整力」になる電源を公募 募集要綱に意見募集

中部電力、2017年度「調整力」になる電源を公募 募集要綱に意見募集

記事を保存
中部電力、2017年度「調整力」になる電源を公募 募集要綱に意見募集

中部電力は、一般送配電事業者として、周波数制御および需給バランス調整等を実施するにあたり、2017年度に必要な「調整力」について、公募により調達すると発表した。これに伴い、ピーク調整力入札の実施方法などを定めた募集要綱案を公表、これに対する提案募集を開始した。提案の募集期間は9月2日(17時必着)まで。

募集する電源は4種類

要綱への意見募集は9月2日まで、公募そのものは10月頃になる予定

要綱への意見募集は9月2日まで、公募そのものは10月頃になる予定

電力広域的運営推進機関の送配電等業務指針(2016年3月認可)では、一般送配電事業者が調整力を調達する場合は、原則として、公募等の公平性・透明性が確保された手続きにより実施する旨を規定している。今回の公募による調達は、この指針に基づくものだ。

現在発表されているスケジュールでは、2017年度分の公募は10月頃開始する予定。同社はこれら調整力の募集にあたり、調整力の機能面、対価の支払い方法等を踏まえ、以下の通り契約メニューを用意している。

(注)周波数調整機能を必須としない電源等の募集については、別途通知する。

(注)周波数調整機能を必須としない電源等の募集については、別途通知する。


まず、「周波数制御・需給バランス調整に活用できる電源等」として下記の2点が挙げられている。

【1】電源Iピーク調整力

常時、同社中央給電指令所からのオンライン指令等にもとづき発電が可能な状態に維持し、同社の指令に応じて運転をおこなう電源等を募集する。

【2】電源I・II調整力

同社中央給電指令所からのオンライン指令等に応じて運転をおこなう電源等を募集する。

これらのうち、【1】電源Iピーク調整力契約の締結に際しては、【2】電源I・II調整力契約についても併せて締結する必要がある。また、「特定地域に立地する電源等」として下記の2点を公募する。

【3】ブラックスタート

同社の電力系統の停電時において、外部電源より発電された電気を受電することなく停電解消のための発電をおこなうこと等(ブラックスタート)ができる電源を募集する。

【4】調相運転

同社の電力系統における電圧を一定範囲に維持することを目的に、有効電力の供給または吸収をおこなうことなく、無効電力の供給または吸収をおこなうこと(調相運転)ができる電源を募集する。

2017年度の募集のため、今年の募集要綱に意見募集

また、同社は19日より、今回の募集要綱案に関する提案募集(RFC:Request for Comments)をおこない、広く意見を募っている。この提案募集を経て、10月頃、募集要綱を制定する。募集する要綱などは下記のとおり。

  • 平成28年度電源Iピーク調整力入札募集要綱(案)
  • 平成28年度電源I・II調整力募集要綱(案)
  • 平成28年度ブラックスタート募集要綱(案)
  • 平成28年度調相運転募集要綱(案)
  • (別冊)電源Iピーク調整力契約書(案)
  • (別冊)電源I・II調整力契約書(案)

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.