> > 次に活性化する分野はどこだ? 環境省の平成29年度概算要求まとめ

次に活性化する分野はどこだ? 環境省の平成29年度概算要求まとめ

記事を保存

環境省は平成29年度予算概算要求を公表した。総額は前年度当初予算比4%減となる1兆1762億円。重点施策として、「東日本大震災からの復興・創生」と「循環共生型社会の構築」をあげる。

「東日本大震災からの復興・創生」では、中間貯蔵施設の整備、除去土壌等の搬入・適正管理、減容・再生利用等、福島県における取組みなどを盛り込んだ。

「循環共生型社会の構築」では、「地球温暖化対策」「生物多様性の確保」「資源循環の実現」の3本柱で施策を展開。「地球温暖化対策」では、2030年度までに日本が排出する温室効果ガスを2013年度比で26.0%削減する目標達成に向けた取組み等を実施する。

具体的には、国民に向けては、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(=賢い選択)」を強化。新規事業として、省エネ家電等への買い替えを促すCOOL CHOICE推進事業に98億8,800万円、低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による家庭等の自発的対策推進事業に20億円を計上した。

業務・住宅の低炭素化に向けて、事業所空調等の廃熱や湧水等の未利用資源の効率的活用による低炭素社会システム整備推進事業(25億5000円)にも取り組む。

炭素に価格を設定することで、企業等のCO2を排出を削減する仕組み「カーボンプライシング」の導入可能性調査事業(2億5,000億円)も新規事業として盛り込んだ。

「資源循環の実現」では、食品廃棄物等リデュース・リサイクル推進事業費に、前年比2.3倍の8,000万円を予算措置している。

地球温暖化対策等、主な重点施策の概要と要求予算額は以下のとおり。金額は百万円単位。( )内は前年度。

(※全文:4305文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.