> > ソフトバンク・テクノロジーなど3社、ICT農業支援事業を本格始動

ソフトバンク・テクノロジーなど3社、ICT農業支援事業を本格始動

記事を保存

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、すでに発表している、株式会社マイファーム、テラスマイル株式会社との協業による農業支援事業を本格的に始動する。

2016年7月15日にSBTとマイファームの合弁会社「リデン株式会社」を設立した。リデンは、9月1日より営業を開始し、ICT農業支援サービスの提供を開始する、という。

SBTグループのリデン株式会社が提供開始するICT農業支援サービス

リデンは、全国農地ナビの開発を担当したSBTと、社会人向けの週末農業学校と120か所の体験農園を展開する農業ベンチャーであるマイファームが、ICTによる農地流通の活性化を軸として日本の農業発展に寄与することを目的に設立しました。

今回、リデンが販売・提供を開始するのは、農地をウェブサイト上で簡単に検索できる「農地の窓口」と、農地の賃借および売買に関するコンサルティング、各種手続き代行サービス、SBTとテラスマイルが共同開発した農業経営支援サービス「テラレポート」です。


この記事は、たとえば

  • 農地を探している事業者や、農地を売却・貸与したい事業者などの参考になります。
  • 新たに農業に参入する事業者が、事業支援サービスとして検討できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.