> > 燃えにくい・軽い・車載可能・建材に使える、新開発の太陽電池モジュール

燃えにくい・軽い・車載可能・建材に使える、新開発の太陽電池モジュール

記事を保存

産業技術総合研究所は5日、信越化学工業(東京都千代田区)と共同で、シリコンゴムでできたシート状の封止材を用いて、燃えにくくて軽量な、新しい結晶シリコン太陽電池モジュールを開発したと発表した。

開発した太陽電池モジュールは高い難燃性や軽量化のほか、破損しにくく、簡易に設置できるなどのメリットもあり、新たな用途や従来とは異なる設置・利用法での導入が期待される。

例えば、電気自動車(EV)などの車載用の太陽電池としての使用や、住宅の屋根材一体型としての結晶シリコン太陽電池の利用や壁面への設置などにより、スマートハウスへの利用拡大やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現に貢献できる可能性をあげる。

(※全文:2113文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.