> > 東京電力、電力使用量の未通知件数が20000件→8000件に 解消は9月中旬ころか

東京電力、電力使用量の未通知件数が20000件→8000件に 解消は9月中旬ころか

記事を保存

東京電力パワーグリッド(東京電力PG)は7日、小売電気事業者に対して電力使用量の通知が遅延等している問題について、8月22日以降の要員増強と追加対策の実施により、2万件前後で推移していた未通知件数が、9月5日時点で8,623件にまで減少したと発表した。

全件の未通知解消には至っていないが、電気使用量の協議が必要なものや過去分の処理が必要となるものを除いて、8月後半以降、改善傾向にあり、日々の検針分については定常化が図られてきていると説明する。

引き続き、これまで実施してきた対策の精度を上げることで、9月中旬には、現在までに通知できていない電気使用量データも含めて、通知の遅延を解消していく予定だ。

(※全文:1342文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.