> > 大阪府堺市の「下水再生水を活用する取り組み」、国土交通省から表彰される

大阪府堺市の「下水再生水を活用する取り組み」、国土交通省から表彰される

記事を保存
大阪府堺市の「下水再生水を活用する取り組み」、国土交通省から表彰される

大阪府堺市の下水再生水を活用した取り組みが、国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」の2016年度のグランプリを8月末に受賞し、9月9日、授賞式が行われた。

受賞した取り組みは、堺市下水再生水複合利用事業だ。鉄砲町地区の下水再生水を、大型商業施設(イオンモール界鉄砲町)に送水し、その水温を給湯と空調の熱源に利用した後、トイレ用水やせせらぎ水路等の水源としても再利用するもの。

熱源利用する大型商業施設

熱源利用する大型商業施設

また、熱源として利用する段階では、夏は給湯用の温熱源として利用し、温度の下がった再生水を空調用の冷熱源として再利用し、冬は外気余熱用の温熱源として利用し、利用後も外気温よりも高い水温の再生水を給湯の温熱源として再利用した。


大型商業施設内のトイレ

大型商業施設内のトイレ

同市の上下水道局では、この取り組みで下水再生水の水温と外気温との温度差を未利用エネルギーとして有効活用することにより、大型商業施設で年間3.5%の省エネ効果と、7.5トンのCO2削減効果を見込む。また、この事業が「省エネルギー化による地球温暖化の防止への貢献」と「水資源の有効活用による循環型社会への貢献」を両立する、今後の再生水事業の新たなモデルケースになることを期待している。

なお、同市水道局の取り組みがこの賞を受賞するのは、2012年度の「産官連携で創る都市の水循環~再生水利用の展開~」(水のみち部門)、昨年度の「すいちゃんを活用した双方向コミュニケーション広報」(広報部門)でそれぞれ受賞したことに続き、3回目となる。

この賞は、健全な水循環、資源・エネルギー循環の創出をめざし、2008年度から毎年表彰が行われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.