> > 「フロン排出抑制法」の業務を簡単に処理するフロン管理システム

「フロン排出抑制法」の業務を簡単に処理するフロン管理システム

記事を保存

JEMS(ジェムス、東京都千代田区)は、「フロン排出抑制法」に対応するための煩雑な業務をシステム管理でもれなく・簡単に行うことができる、法人向けASPサービス「GENESYS-ECO(ジェネシス エコ) フロン管理」の提供を8月15日より開始した。

JEMSは、企業の環境コンプライアンスの徹底を支援するシステム・サービスの提供を手がけている。本システムは、2015年4月に施行された「フロン排出抑制法」により新たに対象となった業務用冷凍空調機器を保有する企業(以下、管理者)に必要となる、点検、記録、報告、行程管理などの煩雑な業務を、クラウド上で一元的かつ適正に管理できる独自のASPサービスだ。管理業務の負担を大幅に軽減し、かつ適正管理によるコンプライアンスの徹底を実現する。

導入環境等に応じたカスタマイズへも対応

GENESYS-ECO フロン管理

サービスの特徴・導入メリットとして以下5点をあげる。

  • 簡易点検・定期点検時期をメールで知らせする自動アラート機能により、点検漏れを防止できる。
  • 全国各拠点の製品管理台帳の作成、および実施した点検・整備結果などの登録・保存を一元的に行える。
  • 算定漏えい量の集計および国への報告書作成が容易にできる。
  • 機器メーカーやメンテナンス業者を選ばず利用できる。
  • フロン排出抑制法に詳しくなくても、システムに沿って利用することによりコンプライアンスの徹底を実現できる。

また、導入環境や利用方法に応じたカスタマイズへの対応も可能。さらに、対応人員不足・知識不足といった課題には、システム導入から運用全般にわたるアウトソーシングサービスも提供する。

サービス提供開始の背景

「フロン排出抑制法」施行により、今まで対象ではなかった業務用冷凍空調機器を保有する企業に課せられた業務は、機器の簡易点検・定期点検の実施、点検・整備の記録作成・保存、一定量以上のフロン類を漏えいした場合の算定漏えい量等の国への報告、機器の廃棄等を実施する場合の行程管理などである。これが大きな業務負荷となっている。そこで、同社には、廃棄物総合管理システム「GENESYS-ECO(ジェネシス エコ)」を利用している既存顧客から対象業務のシステム管理の要望を受け、業務負荷の軽減および適正管理を実現する「GENESYS-ECO フロン管理」を開発した。本システムは、2016年5月より既存顧客向けに先行提供していたが、このたび正式にリリースした。

JEMSは、本システムを既存顧客だけではなく、今後はWeb上のプロモーションや展示会を中心に、フロン排出抑制法への対応で課題を抱えている企業へ周知を広げて、顧客の業務負荷の軽減や、コンプライアンスの徹底の推進をサポートしていく。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.