> > 栃木県、再エネ設備の優れた利用事例を表彰 応募者募集中

栃木県、再エネ設備の優れた利用事例を表彰 応募者募集中

記事を保存
栃木県、再エネ設備の優れた利用事例を表彰 応募者募集中

栃木県は9月14日、「マロニエECO事業所表彰」再生可能エネルギー部門の募集を開始した。

この表彰制度は、同県内で再生可能エネルギー設備を導入している企業または団体を対象とし、再生可能エネルギーの有効活用を推進、低炭素社会に寄与することを目的としている。

再エネ設備があれば応募可能

環境保全に関し優れた取り組みを行っている事業所を表彰する「マロニエECO事業所表彰制度」は、これまでは地球温暖化対策に優れた取り組みを実施している「エコキーパー事業認定制度」の認定を受けた県内事業所であることが応募条件であった。

しかし新たに設立された同制度の「再生可能エネルギー部門」では、再生可能エネルギー設備を導入している県内企業や団体であれば応募が可能である。なお、開発段階や実証段階のものは対象外。

申込締切

2016年11月16日(水)

応募資格

栃木県内で再生可能エネルギー設備を導入している企業か団体

評価項目

エネルギーの利用目的、先進性、創意工夫、普及啓発活動、地域貢献の観点から総合的に評価

地元テレビ局でPR

最優秀賞、優秀賞に選出されると、2017年2月に開催予定の「環境とみどりの県民大会」で表彰されるほか、栃木テレビなどの省エネ・再生エネルギー企画の番組上で優先的に受賞企業・団体名がPRされる予定。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.