> > 日本政府、「省エネルギー技術戦略2016」策定 これからはIoT活用のEMS重視

日本政府、「省エネルギー技術戦略2016」策定 これからはIoT活用のEMS重視

記事を保存

経済産業省資源エネルギー庁とNEDOは、省エネルギー技術の研究開発・普及を効果的に推進するため、重点的に取り組むべき技術14分野を特定するとともに、技術開発の進め方や導入シナリオを取りまとめた「省エネルギー技術戦略2016」を策定した。

今回の策定にあたっては、2014年7月に公開した「省エネルギー技術戦略2011重要技術の改定」をベースに見直しを行った。その結果、部門横断の重要技術のうち、従来の「次世代エネルギーマネジメントシステム」を「革新的なエネルギーマネジメント技術」に変更し、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTなどの新たな関連技術の動向を踏まえ、より広い概念でエネルギーマネジメントを扱うことにより、社会全体でエネルギー利用の最適化を図る重要技術として位置付けた。

また、2030年に向けた導入シナリオや、今後の省エネルギー技術の展開において、省エネルギー技術を普及させること、およびその開発に際しては常に普及を見据えることの必要性を繰り返し強調するとともに、省エネルギー技術の開発・普及を不断に進め、日本の国際競争力の維持・強化を図ることの重要性等を訴えている。

(※全文:1776文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.