> > ロシアも植物工場・農業研究拠点を建設 総事業費は約282億円

ロシアも植物工場・農業研究拠点を建設 総事業費は約282億円

記事を保存

ロシア・ヴォロネジ州にて、最先端の農業研究施設が建設される予定だ。農業研究パークの総面積は60ヘクタール、トマトの太陽光利用型植物工場など6つの栽培施設や研究棟などを整備する予定。総事業費は約282億円(180億ルーブル)。

同州はモスクワから南へ、ウクライナの国境付近にある。建設はエコ・カルチュラ社が担当し、すでに州との協議に入っている。


この記事は、たとえば

  • 農業関連のトレンドを追う人にとって、次世代型農業に対する世界の行政の方針として参考にできます。
  • 農業関連のサービス・製品メーカーにとって、海外市場の可能性として参考にできます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.