> > 「原発事故の責任を果たせ」 経産省、東京電力を改革する委員会を設置

「原発事故の責任を果たせ」 経産省、東京電力を改革する委員会を設置

記事を保存

経済産業省は20日、福島第一原子力発電所事故に伴う費用が増大する中、福島復興と事故収束への責任を果たすために、東京電力が行うべき経営改革について検討する、「東京電力改革・1F問題委員会」(東電委員会)を設置すると発表した。

東京電力福島第一原子力発電所(以下、「1F」)の事故から5年半が経過した今もなお、避難指示は続き、1Fの事故収束も道半ばにある。これまで東京電力は、「新・総合特別事業計画」に基づき、ホールディングカンパニー制に移行し、中部電力とのJERA設立により世界最大の火力会社に向けた事業統合に着手したほか、10年間で5兆円のコスト削減にも取り組んでいる。他方、賠償や除染、廃炉など事故に伴う費用は増大しているほか、電力小売りの全面自由化の中で需要は構造的に減少している。

(※全文:1647文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.