> > 新開発の無線通信技術、IoT用のセンサなどを電池で10年間以上動作可能に

新開発の無線通信技術、IoT用のセンサなどを電池で10年間以上動作可能に

記事を保存

東芝は、災害の恐れがある自然環境や、老朽化の進む建物、橋梁やトンネルなどを監視するシステムとして、少ないメンテナンスコストで高信頼なデータ収集を実現する無線通信技術を開発したと発表した。

この「省電力無線マルチホップネットワーク技術」は、920MHz帯を用いた無線ネットワーク方式で、広範囲に設置したセンサーのデータを無線中継により99.999%以上の割合で収集でき、10年以上にわたる電池駆動を可能とした。

技術のポイントとして、自律的なメッシュネットワークの形成と低消費電力化をあげる。特別な設定をしなくても、各無線センサーが周囲の状況を自律的に確認し、通信タイミングの調整や、通信経路を形成することで、様々な環境に自動的に適応し、バケツリレー方式で、広範囲な情報を確実に収集できるようにした。また、通信の状況に合わせて不要な待機電力を最小化することで、電池だけで長期間の無線通信を実現した。

(※全文:1486文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.