> > マンション共用部向けの電力サービスが狙いどころ? J:COMも提供開始

マンション共用部向けの電力サービスが狙いどころ? J:COMも提供開始

記事を保存

ジュピターテレコム(J:COM)は、9月22日より、分譲マンションの共用部で使用される電力を対象とした低圧電力小売りサービスとして、新たに「J:COM電力 共用部コース」の提供を開始した。

集合住宅向けに地域電力会社に比べて電力料金を割り引いて提供するもので、共用部の電気料金のコスト削減に貢献する。集合住宅のオーナーや管理組合向けに販売していく。

一般的に、集合住宅の共用部に使用される電力は、照明などで使用される「電灯用」とエレベーターやポンプなどで使用される「動力用」に分けられている。共用部コースは、物件の状況に応じてメニューを選択できるよう、「電灯用のみメニュー」と、「電灯用+動力用メニュー」の2種類を提供する。

共用部コースを導入する集合住宅の入居者が、J:COMサービスを利用している場合には、共用部コースと同様に、地域電力会社に比べて電力量がお得になる低圧電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」を契約することができる。

なお、高圧一括受電サービス「J:COM電力マンション一括コース」を導入している集合住宅の入居者は、「J:COM電力 家庭用コース」を契約できない。

J:COMの家庭向け電力サービスは10万世帯突破

J:COMは、2012年に大規模マンション向け高圧一括受電サービス「J:COM電力 マンション一括コース」を開始した。また、2016年4月からは、低圧電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」の提供も開始し、開始から約5カ月で提供世帯数が10万世帯を突破しているという。

今回の共用部コースの提供開始により、電力の商品ラインアップが拡充され、顧客の住居形態に応じた電力サービスの選択肢が広がった。J:COMは生活に欠かせないライフラインである「電力」を提供することで、より一層顧客との接点を強化し、ケーブルテレビ、インターネット、電話、モバイル等の放送・通信サービスを核にして、暮らしを支える地域密着のサービスを引き続き展開していく考えだ。

J:COMは、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの29社74局を通じて約498万世帯の顧客にケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル等のサービスを提供している(2015年9月末時点)。

マンション共用部分向け電力サービスを提供する企業

マンション共用部分向け電力サービスでは、つなぐネットコミュニケーションズ(東京都千代田区)が8月に、ミツウロコグリーンエネルギーと提携し、提供を開始することを発表しているミツウロコグリーンエネルギーが供給する低価格な電気をマンション共用部(従量電灯)に提供するもので、つなぐネットコミュニケーションズのマンション向けのインターネット接続サービスとあわせて利用すると、電気料金がさらに安くなる「セット割」が適用される。

また、マンション管理会社の東急コミュニティー(東京都港区)が、新電力事業者のエネット(東京都港区)と提携し、低圧契約のマンション共用部分を対象に、電気を安く提供する電力小売りサービスを8月15日より開始している

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.