> > JR東日本、植物工場のトマトを自社サービスに採用 6次産業化で地域も活性化

JR東日本、植物工場のトマトを自社サービスに採用 6次産業化で地域も活性化

記事を保存

JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開する。

採れたトマトが首都圏で本格展開

JR東日本グループでは、「グループ経営構想Ⅴ~限りなき前進~」の中で「地域に生きる」を一つのコンセプトとし、地産品の販路拡大や6次産業化に向けたものづくりに取り組んでいる。

様々な取り組みを進めていく中で農産物の「作り手」が減少しているという地域の現状に接し、同じ想いを持つ農業者と連携して、株式会社JRとまとランドいわきファームを福島県いわき市に設立した。


この記事は、たとえば

  • 農業ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、流通経路確保の事例として参考にできます。
  • 農業や県内企業の活性化を図る自治体にとって、他県の事例として参考にできます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.