> > オリックス八ヶ岳農園、植物工場・水耕施設の2期工事が完了 年間300t出荷

オリックス八ヶ岳農園、植物工場・水耕施設の2期工事が完了 年間300t出荷

記事を保存

オリックス八ヶ岳農園株式会社は、長野県八ヶ岳高原で運営する太陽光利用型植物工場・水耕栽培施設(第2期)を竣工する。これにより全栽培面積は約11,700平方メートル、葉物野菜を年間300トン出荷する体制が整い、10月より順次出荷するという。

オリックス八ヶ岳農園は、オリックスと農業生産法人である株式会社本多園芸が共同で設立した農業法人。2015年9月より、太陽光利用型の水耕栽培施設において、ほうれん草やルッコラなどの生食用葉物野菜を生産している。水耕栽培により栽培期間を短縮させることで年間19回収穫を行い、1年を通じて野菜の生産・販売が可能となっている。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、太陽光利用型植物工場の規模・収穫量の事例として参照できます。
  • 農業や県内企業の活性化を図る自治体にとって、他県の事例として参考にできます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.