> > 京都リサーチパーク9号館、Green Building認証取得 環境性能を不動産価値に

京都リサーチパーク9号館、Green Building認証取得 環境性能を不動産価値に

記事を保存

日本政策投資銀行(DBJ)は4日、大阪ガスグループの大阪ガス都市開発が保有するオフィスビル「KRP9号館」(京都府京都市)に対して、テナントの事業継続・発展を支援する環境配慮型ビルとして評価し、DBJ Green Building認証を付与したと発表した。

1989年に大阪ガスの京都工場跡地に全国初の民間運営による、起業等の支援を行うインキュベーション施設として、京都リサーチパーク(KRP)が誕生した。KRPは成長を目指す企業に対して、ニーズにかなう15棟のオフィスと実験研究設備を整備し事業発展をサポートしている。

KRP9号館(地上7階地下1階)は、そのオフィスビルとして2010年10月に竣工した。敷地面積は2,966m2で、延床面積は10,472m2

環境への配慮では、約4kwの高効率発電機を備えたガスヒートポンプエアコン(GHP)を採用。発電した電力によって室外機系統の電力を補っている。また太陽光発電や自然換気・自然採光なども導入。竣工後、CASBEE(建物総合環境性能評価システム)によるAランク評価を取得している。先進のスペックや環境への配慮に加え、京都らしさを演出したデザインや生物多様性に配慮した植栽なども特徴としている。

(※全文:1382文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.