> > 電力契約を変更した人、現在9.8% しかし「満足度は高い」という政府レポート

電力契約を変更した人、現在9.8% しかし「満足度は高い」という政府レポート

記事を保存

電力・ガス取引監視等委員会は7日、4月の電力小売りの自由化から半年で、90%以上の消費者が電力自由化を認知しているという調査結果を発表した。

電気の購入先または料金プランいずれかの「変更者」は9.8%で、電気の購入先変更者は7.2%、料金プラン変更者は2.6%だった。「非変更者」の約30%近く(27.2%)が比較検討は行っているが変更までには至っていなかった。

非変更者は、電気の購入先を変更しない理由として、「メリットがよくわからない」(44.0%)、「なんとなく不安」(37.3%)が多くあげられており、自由化についての理解不足や不安感が変更の阻害要因となっていることがうかがえた。

一方、変更者は、料金プラン変更の満足度に関して、約90%(88.6%)の人が「自分がほしいレベル以上」と答えており、変更に対する満足度は高くなっていた。

(※全文:1352文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.