> > 京都・西本願寺の飛雲閣、LED照明でライトアップ

京都・西本願寺の飛雲閣、LED照明でライトアップ

記事を保存
京都・西本願寺の飛雲閣、LED照明でライトアップ

パナソニック エコソリューションズ社は、10月10日まで実施されていた西本願寺(京都府京都市)のライトアップイベントに、同社製のLEDスポットライト7台、LEDラインライト18台、LEDフットスタンド10台、計35台を納入し、光の演出に協力した。

このイベントは「西本願寺花灯明」で、西本願寺の第25代専如門主の伝灯奉告法要にあわせて実施された。10月1日から10日までの期間中、阿弥陀堂、御影堂、飛雲閣などの諸堂が、夜間にライトアップされ特別公開された。約400年の歴史を持つ西本願寺で、ライトアップの試みは初めてだ。

同社が協力したのは、京都三名閣の一つである国宝「飛雲閣」のライトアップ。飛雲閣を内外から照らすことで、建築物を美しく浮かび上がらせるように演出した。外側からは、彩光色タイプのLEDスポットライトが、建築物全体と2階の板の間の壁面に描かれた絵画を鮮やかに照らした。室内には、温かみのある色温度3000KのLEDラインライト(一体型LEDベースライト「iDシリーズ」)を設置し、障子越しに柔らかな光を醸し出し、明るさを一定の間隔で変化させることにより、光がゆらめくような趣きを演出した。また、参道には、足元を照らすLEDフットスタンドを設置し、観光客の足取りを誘った。

なお、この演出に使用した一体型LEDベースライト「iDシリーズ」は、器具本体とライトバー(電源内蔵型LEDユニット)を組み合わせられる製品だ。設置したあとも、器具本体はそのままで、明るさや用途に応じたライトバーへの変更が可能な構造。2012年の発売以来、2016年8月末に累計出荷台数1,000万台(2016年8月現在)を突破した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.