> > 大阪府で発生した廃棄物、リサイクルして製品になったら登録してや

大阪府で発生した廃棄物、リサイクルして製品になったら登録してや

記事を保存
大阪府で発生した廃棄物、リサイクルして製品になったら登録してや

大阪府は、廃棄物を原料としたリサイクル製品を認定する「大阪府リサイクル製品」について、2016年度第2回の募集を10月17日から11月11日まで実施する。事前相談は随時受付けており、早めの相談を呼び掛けている。

認定を受けた製品は、販売などの際に「大阪府認定リサイクル製品」、「なにわエコ良品」もしくは「なにわエコ良品ネクスト」と表示できるほか、認定マークを付けることができる。また、大阪府のウェブページやパンフレット、府民が参加するイベント等において、製品を大阪府がPRする。民間事業者が運営するリサイクル認定製品専門のインターネットショップ「なにわエコ良品ショップ」にも出品できる(別途費用が必要)。認定期間は3年間。

「大阪府認定リサイクル製品」には、製造者により使用済み品が回収され、繰返しリサイクルされる製品である「なにわエコ良品ネクスト」と、それ以外の製品である「なにわエコ良品」がある。認定はこれまでに25回実施しており、2016年10月1日時点の認定製品数は261製品。

2015年度は原料に99%以上の廃ガラス・ビンを使用したガラスブロックなどが認定されている。

大阪で発生した廃棄物をリサイクルした製品

大阪府では、循環型社会の形成に向けて、廃棄物のリデュース、リユース、リサイクルおよび適正処理の推進に取り組んでいる。この制度は、その一環として、大阪府循環型社会推進条例に基づき、循環型社会の形成に寄与する事業者を育成し、リサイクル製品(再生品)の普及を図るため、2004年度から運用しているもの。

認定の対象となるには、いくつかの条件がある。下記はその一部。

  • 大阪府内で発生する循環資源(廃棄物)を使用し、日本国内で製造されるもの
  • 府内で販売されるもの
  • 認定対象の品目に該当し、循環資源の配合率等を満たすもの
    (例:再生PET樹脂を配合率50%以上使用した衣類、配合率100%のトイレットペーパー、配合率70%以上の再生プラスティック文房具など)
  • 製品についてJIS等の規格がある場合は、その規格に適合したもの

認定を受ける製品の申請ができるのは、製品の製造または販売の拠点を、大阪府内に有する者/製品を自ら製造または販売する者。年2回、申請の募集を行っており、認定は10月と3月に実施している。

11月11日までエントリー製品募集

認定を受けたい製品の申請は、10月17日(月)~11月11日(金)まで。ただし、土曜・日曜・祝日を除く。「大阪府リサイクル製品認定制度」のウェブページより申請書をダウンロードし、必要書類とともに大阪府咲洲庁舎 循環型社会推進室まで提出する。(※申請の際はあらかじめ電話連絡が必要)

なお、1申請につき18,000円(大阪府証紙)の申請手数料が必要だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.