> > ゴルフ場にみっちり太陽光発電パネルを敷き詰めたらこうなる(岡山県)

ゴルフ場にみっちり太陽光発電パネルを敷き詰めたらこうなる(岡山県)

記事を保存

米バージニア・ソーラー・グループと、米ゼネラルエレクトリック(GE)エナジー・ファイナンシャル・サービスは、共同で所有するパシフィコ・エナジー美作武蔵メガソーラー発電施設(42MW、岡山県美作市)が7月上旬に運転開始し、9月28日、現地での式典開催をもって正式な商業用運転を開始したと発表した。

このメガソーラー発電施設は、同2社が日本で共同展開する3ヶ所の太陽光発電プロジェクトのうちのひとつで、ゴルフ場だった122ヘクタールの用地を開発し建設したもの。建設・保守・運営は、バージニア・ソーラー・グループのグループ会社パシフィコ・エナジーが行う。

(※全文:639文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.