> > ゴルフ場にみっちり太陽光発電パネルを敷き詰めたらこうなる(岡山県)

ゴルフ場にみっちり太陽光発電パネルを敷き詰めたらこうなる(岡山県)

記事を保存
ゴルフ場にみっちり太陽光発電パネルを敷き詰めたらこうなる(岡山県)

完成図

米バージニア・ソーラー・グループと、米ゼネラルエレクトリック(GE)エナジー・ファイナンシャル・サービスは、共同で所有するパシフィコ・エナジー美作武蔵メガソーラー発電施設(42MW、岡山県美作市)が7月上旬に運転開始し、9月28日、現地での式典開催をもって正式な商業用運転を開始したと発表した。

このメガソーラー発電施設は、同2社が日本で共同展開する3ヶ所の太陽光発電プロジェクトのうちのひとつで、ゴルフ場だった122ヘクタールの用地を開発し建設したもの。

建設・保守・運営は、バージニア・ソーラー・グループのグループ会社パシフィコ・エナジーが行う。また、EPC業務は東洋エンジニアリングが実施し、太陽光発電パネルの供給は中国のインリーグリーンエナジー社、インバーターおよび変電所関連機器を東芝三菱電機産業システム(東京都中央区)が担った。なお、同メガソーラー発電施設で作られた電気は、固定価格買取制度により、今後20年間、中国電力に売電される。

また、上記の2社が日本で展開する太陽光発電プロジェクトの他2ヶ所は、今年3月に運転開始した岡山県の久米南メガソーラープロジェクト(32MW)と、2018年上半期に運転開始予定の細江プロジェクト(96MW)だ。すべてゴルフ場跡地(計画地)に建設されている。

なお、久米南プロジェクトは三菱東京UFJ銀行と中国銀行から110億円のノンリコースローンで融資を受け実施された。今回運転開始した美作武蔵プロジェクトも同様に、両行からクレジットファシリティにより130億円の融資を受け実施される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.