> > 燃えろブラジャー! 今年も大量に収集・リサイクルする企画がスタート

燃えろブラジャー! 今年も大量に収集・リサイクルする企画がスタート

記事を保存
ブラ・リサイクルバッグ

ブラ・リサイクルバッグ

ワコール(京都府京都市)は、2016年11月1日から2017年3月31日までの間、不要になったブラジャーを回収しリサイクルする「ワコール ブラ・リサイクル」キャンペーンを合計約800店舗で実施する。

このキャンペーンは、不要になったブラジャーを回収し、「RPF」と呼ばれる環境にやさしい産業用固形燃料にリサイクルする企画。店頭で顧客から回収されたブラジャーは、店舗からワコール流通センターに届けられ、処理工場にて「RPF」と呼ばれる環境にやさしい産業用固形燃料にリサイクルされる。その後、加工されたRPFは製紙会社等に販売され、補助燃料として有効に使われる。

回収の方法は、顧客が不要になったブラジャーを専用の回収袋「ブラ・リサイクルバッグ」に入れ、店頭に持ち込む。前回は2015年2月から4月までの約2か月間で、合計80,305袋を回収した。回収した「ブラ・リサイクルバッグ」は、開封せずにワコールの流通センターに届けられ、処理工場でも全ての工程が「ブラ・リサイクルバッグ」に入ったままの状態で行われる。

ワコールは、同社で販売したブラジャーの回収・リサイクルを2008年2月から開始。2012年からは他社のブラジャーも回収を始め、累計で約1,413,900枚(回収重量からの推定枚数)を回収し、約141.39トンの産業用固形燃料「RPF」にリサイクルした。

ワコールは、顧客が捨てにくいと感じているブラジャーを回収・リサイクルすることで、身近な環境活動に取り組んでいきたいとの考えを示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.