> > アミタ、粉体廃棄物のリサイクル工場を増強 煤塵などをセメント材料に

アミタ、粉体廃棄物のリサイクル工場を増強 煤塵などをセメント材料に

記事を保存

産廃処理・リサイクル業者のアミタ(東京都千代田区)は、17日、今年7月に北九州市内の同社リサイクル工場に粉体サイロ設備を設置し、今まで資源化が困難だった微粉状廃棄物の受け入れが可能になったと発表した。同社はこの設備導入により、産業廃棄物を新たに年間4,500トン資源化する予定だ。設備導入の投資額は約950万円。

このリサイクル工場「北九州循環資源製造所」では、ばいじん・もえがらなどの微粉状の廃棄物を、セメント原燃料製品の水分調整材などにリサイクルしており、その取扱量は年間38,000トンにのぼる。今回導入された粉体サイロにより、さらに多種多量の粉体廃棄物を、安全に受け入れし、原燃料代替材料として活用できるようになる。また、含水量の高い汚泥などの、リサイクルが難しい廃棄物の受け入れも可能だ。

同施設の、受入増加が見込まれる産業廃棄物は下記のとおり。

(※全文:715文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.