> > 「HEMSの設定むずかしい」 カナディアン・ソーラーがサポートサービス開始

「HEMSの設定むずかしい」 カナディアン・ソーラーがサポートサービス開始

記事を保存

カナディアン・ソーラー・ジャパン(東京都新宿区)は、販売店・施工店向けに、HEMS設定サポートサービスを開始した。

住宅用太陽光発電システムと合わせ、今後はHEMSの普及が増加すると予想されているが、HEMSを活用するためには、設置後にネットワークへの接続・設定が必要になる。同社は、販売店・施工店から「設定・操作が非常に難しいと感じている」との声を受け、HEMS機器を含む材工一括での発注に対し、HEMS設定サポートサービスを提供する。

HEMS設定サポートサービス

材工一括発注した場合の価格は25,000円(税抜)。サポート項目は下記の通り。

  1. 指定の分電盤回路へのCTセンサーの取り付け
  2. 計測ユニットの初期設定
  3. AiSEG(パナソニックの登録商標)の通信連携設定
  4. 各CTセンサーの読み取り機器(回路)を設定
  5. HEMS連動関連機器(パナソニック製対応製品)の設定
  6. 太陽光発電、蓄電設備の正常動作を確認(モニタとHEMSの整合性確認)
  7. CTセンサーの正常性を確認

経済産業省は、2020年までに新築戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目標に掲げており、2020年までに建設される多くの新築住宅において、HEMSが導入されたゼロエネルギー住宅の普及が拡大すると予想されている。

HEMSを導入すれば、設置した太陽光発電システムの発電状況や家庭全体のエネルギー使用状況を「見える化」し、また家庭内の機器を自動的に制御が可能になるため、快適に節電することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.