> > 多結晶シリコン太陽電池の変換効率、モジュールサイズで19.86%に

多結晶シリコン太陽電池の変換効率、モジュールサイズで19.86%に

記事を保存

トリナ・ソーラーは、同社内の中国太陽光発電技術国家重点研究室が、p型mc-Si太陽電池セル(156×78mm)120枚を含む「Honey Plus」多結晶シリコン太陽電池モジュールのAP変換効率(有効面積における変換効率)において、19.86%を記録し、世界記録を更新したことを発表した。

世界記録を更新した太陽電池モジュールは、トリナ・ソーラーが独自開発しているmc-Siウエハを使用し、ハーフセルの相互接続、裏面パッシベーション(PERC:Passivated Emitter and Rear Cell)技術、高効率光トラッピング(光の閉じ込め)などの技術を使用している。

なお、今回の世界新記録は、2015年4月に樹立された1.515平米のモジュールでのAP変換効率19.14%を1年半内に塗り替えたことになる。

(※全文:846文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.