> > 慶応大と藤沢市、ゴミ・資源収集などのデータ収集→スマホアプリで見える化

慶応大と藤沢市、ゴミ・資源収集などのデータ収集→スマホアプリで見える化

記事を保存

慶応大学SFC研究所と神奈川県藤沢市は、スマートシティ技術を活用して、ゴミ・資源収集などの行政業務を効率化する、市職員向けスマートフォンアプリ「藤沢みんなのレポート」(通称「みなレポ」)システムの運用を10月より開始した。

市職員は、スマートフォンやタブレット端末にインストールされた、このアプリを用いて、行政業務をする上で必要となる市内の情報をリアルタイムに収集・共有することができる。また、このアプリでは、収集する情報を、その属性情報や詳細なコメント、対応の緊急レベル等と紐づけることが可能だ。収集された情報は、業務上即時活用されるとともに、蓄積・分析を行うことで、知の情報財として様々な活用が期待される。

今回運用を始めたシステムでは、同市のゴミ・資源収集などの業務に関わる、「集積所の管理」、「集積所の不適正排出」、「不法投棄」、「落書き」などの情報を、写真やコメントともに収集、担当職員間のみでセキュアかつ迅速な共有がなされる。また、水害時の「道路の冠水」、「通行止め」などの危険情報の集約に活用できると見込まれる。

(※全文:1111文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.