> > 再エネ発電の変動分電力、水素やメタンガスを製造する事業 NEDOの支援決定

再エネ発電の変動分電力、水素やメタンガスを製造する事業 NEDOの支援決定

記事を保存

NEDOは「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発」で採択された研究開発事業を発表した。

採択された事業は、株式会社日本製鋼所および日立造船株式会社が共同提案した「再エネ水素と排ガスCO2によるメタン合成および都市ガスグリッド利用を目指したPower to Gasシステムの研究開発」。

カーボンニュートラルなメタンが作れる

この研究開発で取り上げるPower to Gasシステムは、再エネの変動を模した電力で得られた水素と、工場、発電所、下水処理場等の排ガスから分離した二酸化炭素とを反応させてメタン(CH4)を製造する。得られたメタンはそのままガス発電機等の燃料としても利用でる。熱量調整等を施せば既存の都市ガスグリッドを通じて広範に輸送・利用することが可能だ。

(※全文:901文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.