> > レジェンド電力の電力サービス、「地域を盛り上げる音楽フェス」とコラボ

レジェンド電力の電力サービス、「地域を盛り上げる音楽フェス」とコラボ

記事を保存

マーケティング発の電力会社、レジェンド電力(東京都港区)は10月30日、音楽で地域を盛り上げることをコンセプトに、地方発信型フェスティバルの開催を目指す団体、「ONE+NATION」とコラボした電力メニューを提供した。

同社は、同日に愛知県犬山市で開催されたONE+NATIONの野外フェスティバルにおいて、レジェンド電力ブースを設け、新しい電力サービス「ONE+NATIONエナジー」の申込みを受付けた。このメニューは「電力自由化ビジネスを活用して地域を盛り上げよう!」をコンセプトに掲げており、電力会社をレジェンド電力に変更することで、実質負担ゼロでONE+NATIONの活動を応援することができる。収益の一部は団体の活動に還元される。

サッカーチームやアーティストなどとのコラボメニューも

レジェンド電力は、マーケティング会社メディマックス(東京都港区)を母体に、他社とは一線を画した新電力事業サービスの提供を目的に設立された。「価格勝負をしない電力会社」をうたい、新電力を活用したマーケティングという視点で、スポーツやアイドル、各種協会、自治体などとのタイアップによるメニューを考案している。

Jリーグの東京ヴェルディとの連携による応援プランでは、ファンが電力会社を変えることで生まれた収益の一部をクラブに還元するほか、様々なファンサービスを提供する。

また、「電力自由化でワクチンを」プランは、電力会社を同社に変更することで、電気代の一部を、認定NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会に寄付するもの。このほか、ピアニストやボクシングジムなどとの業務提携による電力プランを提供することを発表している。

なお、ONE+NATIONが企画する地方発信型フェスティバルは、音楽イベントと合わせて、各地域の地域文化や食を盛り込んだ「祭り」を開催するもの。第1回の野外フェスティバルを、今年7月30日に宮崎県都城市で「音楽と焼酎と肉」をテーマに開催した。愛知県犬山市での開催は第2回目。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.