> > パナソニック、LED電球の5年保証サービス開始 不具合があれば無料交換

パナソニック、LED電球の5年保証サービス開始 不具合があれば無料交換

記事を保存
パナソニック、LED電球の5年保証サービス開始 不具合があれば無料交換

パナソニックは1日、安心してLED電球を購入・使用してもらうため、12月から新たに5年間、製品を保証する制度を導入すると発表した。具体的には、点灯しないなどの故障があった場合は、製品を購入した日から5年間、無料で代替品と交換する。

対象製品は日本国内で販売した全LED電球で、具体的には一般電球タイプ(口金E26)、小形電球タイプ(口金E17)、LED小丸電球(口金E12)、ハロゲン電球タイプ(口金E11)の4タイプ。保証書は順次製品に同梱する。また既に購入・使用している製品も対象となる。

故障品の交換は、購入した販売店のほか、12月1日より新設するLED電球専用窓口(フリーダイヤル・ウェブ)で受け付ける。

製品購入日は保証書やレシートで確認するが、これらがない場合は、製造年月より5年間を保証期間とする。製造年月はLED電球に印字されている製造ロット番号で確認する。同社ホームページでは、製造ロット番号から製造日を確認する方法を紹介している。

同社の保証制度は修理対応が基本だが、LED電球は修理することができないため、本体交換となる。生産終了品については、後継機種または同等の製品を代替品とする。また、24時間連続使用など1日20時間以上の長時間使用の場合、保証期間が半分となる。

同社が今年2月、「装飾パネル付きLED電球」を発売したときのリリースによると、LED電球の国内需要は、省エネ意識の定着等を背景に、年間約2,300万個前後で安定的に推移している。普及率は2015年度末で約44%に達する見通しで、LED電球は、ペンダント、ブラケット、ダウンライト等の多岐にわたる照明器具の光源として約3億個の取替えストックがあると推計している(※数値は同社調べ)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.