> > 海洋ごみ問題、どうやって解決する 環境省がシンポジウム開催

海洋ごみ問題、どうやって解決する 環境省がシンポジウム開催

記事を保存

環境省は、2016年12月10日(土)に東京都内で「海洋ごみシンポジウム2016」を開催することを発表した。参加申し込みは2016年12月6日(火)まで。

マイクロプラスチックに焦点

「海洋ごみシンポジウム2016」は2016年12月10日(土)に東京都千代田区の海運クラブ2階ホールで開催される。午前は国際シンポジウム(同時通訳あり)、午後は国内シンポジウム(日本語)となっており、いずれかのみの聴講も可能。

このシンポジウムでは、海外・国内のさまざまな主体により進められている取組を紹介する。午前に開催する第一部では、海外から専門家・研究者を招き、海洋ごみ、特にマイクロプラスチックに焦点を当てた講演が聴ける。午後の第二部では、海洋ごみに関する国内の様々な主体により進められている取組に焦点を当てる。どちらも事前申込制で参加費は無料、定員は先着順で300名となっている。

シンポジウムの参加申し込みについては、2016年12月6日(火)までに「海洋ごみシンポジウム2016」事務局へメールで申し込む。その他詳細は、国際・国内シンポジウム参加受付特設サイトを参照のこと。

海洋ごみは関心の高い問題

海洋ごみに関する問題は、2016年5月に行われたG7伊勢志摩サミット、富山環境大臣会合および茨城・つくば科学技術大臣会合においても、世界共通の解決すべき課題として高い関心が寄せられた。また、2016年1月23日(土)、24日(日)に東京海洋大学にて行われた「2016新春海ごみシンポジウム」では、海ごみに関する高い関心が示され、世界的な取組みのみならず、地域や産業界における取組みの重要性が改めて明らかとなった。

環境省は、今後、より一層の政策努力を行っていく考えを示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.