> > 東京電力のESCO事業会社、ガス・電気の小売りに参入

東京電力のESCO事業会社、ガス・電気の小売りに参入

記事を保存

経済産業省は21日、来年4月の都市ガス小売りの全面自由化以降、新たにガスを販売できるガス小売事業者として、東京電力グループで、ESCOを中心にエネルギーサービス事業を展開する日本ファシリティ・ソリューション(東京都品川区)を事前登録した。

同社は、今後、新たなエネルギーサービスメニューとして電気・ガスの販売を開始することで、さらなるエネルギーバリューチェーンを構築し、最適なエネルギーサービスをワンストップで提供していく考えだ。ガス小売り事業は来年4月から関東で開始する予定。一般家庭への販売は予定していない。

同社は東京電力エナジーパートナーの100%子会社で、省エネルギーやCO2排出量削減に取り組む組織や企業向けに、初期投資ゼロで高効率機器の導入を実現するESCO(効果保証付き省エネルギーサービス)やエネルギーマネジメントなどのソリューションを提供している。

(※全文:915文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.