> > 豊田通商、クリスマス需要に向け太陽光利用型植物工場によるパプリカを出荷

豊田通商、クリスマス需要に向け太陽光利用型植物工場によるパプリカを出荷

記事を保存

豊田通商株式会社のグループ会社である農業生産法人「株式会社ベジ・ドリーム栗原」で栽培した太陽光利用型植物工場によるパプリカが、クリスマスの需要に向けて出荷を開始した。

ベジ・ドリームの農場がある宮城県は、パプリカの生産量日本一を誇る。従来より輸入パプリカが国内流通の大半を占めるなか、ベジ・ドリームは国産パプリカの栽培および安定供給に取り組んでいます。


この記事は、たとえば

  • 工場などからの廃熱を農業に利用する事例として参考になります。
  • 太陽光利用型植物工場の収量の事例として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.