> > 発電効率+集熱効率が78%! 高効率熱電ハイブリッド太陽電池モジュール

発電効率+集熱効率が78%! 高効率熱電ハイブリッド太陽電池モジュール

記事を保存

NEDOは、日清紡メカトロニクス(東京都中央区)との共同研究である「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、高効率熱電ハイブリッド太陽電池モジュール(以下ハイブリッドモジュール)を開発し、静岡県掛川市の大東温泉シートピアで実証試験を開始した。

発電効率と集熱効率の総和が78.0%のモジュール

日清紡メカトロニクスはこのプロジェクトで、太陽エネルギーの高効率変換手段として、発電と同時に太陽熱利用による温水を製造する機能を併せ持つ太陽光発電システムの開発をすすめてきた。

(※全文:977文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.