> > 「電気とお湯があれば、必要最低限の生活レベルは確保できる!」→作ってみた

「電気とお湯があれば、必要最低限の生活レベルは確保できる!」→作ってみた

記事を保存

芝浦工業大学は、11月29日、スターリングエンジンと太陽光発電パネルを組み合わせ、災害時などに電気とお湯を供給できる軽自動車型ハイブリッド電源車を開発したと発表した。

開発を行ったのは同大学電気工学科の高見弘教授。自然災害で被災しても「電気とお湯があれば、必要最低限の生活レベルは確保できる」という考えのもと、高見教授はスターリングエンジンで安定的に発電するために必要なコンバータを開発した。

このシステムは、災害地への急な支援に駆けつけられるよう、軽トラックの荷台に収まるサイズで構築される。スターリングエンジンにより、3kg(120円程度)の木質バイオマスペレットを1時間燃焼すれば、「1kWの電力(スマートフォンの充電約70台分)と45℃の200リットルの温水(バスタブ1杯分)」を同時に作ることができる。

(※全文:710文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.