> > 宝塚歌劇団の公演もCO2排出ゼロに LED照明、高効率ガス冷暖房も導入

宝塚歌劇団の公演もCO2排出ゼロに LED照明、高効率ガス冷暖房も導入

記事を保存
宝塚歌劇団の公演もCO2排出ゼロに LED照明、高効率ガス冷暖房も導入

本カーボン・オフセットの概要

阪急電鉄と大阪ガスは、政府が運用する温室効果ガス排出削減の認証制度「J-クレジット制度」を活用した、「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催する。両社でこのような取り組みを実施するのは今回で3回目だ。

対象となる公演は、2017年2月3日~3月6日に公演される、宝塚歌劇宙組公演の下記2作品。

  • ミュージカル・コメディー『王妃の館 -Chateau de la Reine-』
  • スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』

電力削減や空調機器でもCO2削減を実施

阪急電鉄では、宝塚大劇場において館内照明設備のLED化による消費電力削減や、天然ガスを利用した高効率ガス冷暖房を採用し、温暖化対策に取り組んでいる。また、大阪ガスは、高効率なガスコージェネレーションシステムやガス冷暖房などの導入を推進することで、企業のCO2削減と、クレジットの創出を支援している。

対象公演において排出されるすべてのCO2は、「兵庫県CO2削減協力事業」の一環として、大阪ガスが兵庫県内の企業から取得したクレジットによって、期間中に排出されるすべてのCO2がオフセット(埋め合わせ)される。削減されるCO2は、750~800t-CO2(一般家庭約180~200世帯分の年間CO2排出量に相当)の見込みだ。

より多くの消費者にカーボンオフセット公演を

両社は、「公演期間中のCO2排出量がカーボン・オフセットにより“実質ゼロ”となるこの公演を多くのお客様にご観覧いただくとともに、地球温暖化防止への関心を高めていただきたい」としている。

大阪ガスでは今回の取り組みにあわせて、抽選で50組100名を招待するチケットプレゼントを企画している。詳細はwebページを参考のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.