> > 中小規模の太陽光発電に「使用前自己確認制度」 20kW未満は逆に規制緩和

中小規模の太陽光発電に「使用前自己確認制度」 20kW未満は逆に規制緩和

 印刷 記事を保存

経済産業省は11月30日、出力500kW以上2,000kW未満の太陽光発電設備において、事業者に対して設備使用前の技術基準適合性の確認と、その結果を国へ届け出ることを義務づけた「使用前自己確認制度」の導入について発表した。

一方、公共の安全確保上のリスクが十分に小さい20kW未満の発電設備については、工事計画の認可を不要とし、使用前自己確認制度の対象とするなど、規制を緩和した。潮力発電などの新発電方式は、既存の発電方式と異なり、技術的知見の蓄積が乏しいため、発電規模に関わらず工事計画の認可対象としており、新技術を迅速に実用化していく上での課題となっていた。

電気工作物の種類ごとにリスクを評価し規制を再整備

使用前自己確認制度は、電気事業法第2弾改正において新設された。これは、一部の電気設備について、技術進歩等により保安水準が向上していることから、工事計画を不要とし、設置者自らが設備の使用前に検査を行い、その結果を国に届け出ることとした制度だ。

(※全文:1758文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.