> > 千葉県中西部エリアの「接続募集プロセス」が成立 2.9万kWしか応募されず

千葉県中西部エリアの「接続募集プロセス」が成立 2.9万kWしか応募されず

 印刷 記事を保存

東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)は、12月14日、千葉県中西部エリア(木更津市、市原市、袖ケ浦市)における「電源接続案件募集プロセス(以下、募集プロセス)」が成立したと発表した。発表した。

今回募集したのは姉崎中央変電所における275/66kV変圧器増容量工事の総工事費約1,310百万円の負担。募集容量は10万kW。これに対し、今回申込があった件数は計10件(5.0万kW)。このうち、共同負担申込に進んだ事業者が7件、うち1件が辞退し最終的には6件(2.9万kW)が優先系統連系希望者として決定された。

(※全文:603文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.