> > 千葉県中西部エリアの「接続募集プロセス」が成立 2.9万kWしか応募されず

千葉県中西部エリアの「接続募集プロセス」が成立 2.9万kWしか応募されず

記事を保存
千葉県中西部エリアの「接続募集プロセス」が成立 2.9万kWしか応募されず

東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)は、12月14日、千葉県中西部エリア(木更津市、市原市、袖ケ浦市)における「電源接続案件募集プロセス(以下、募集プロセス)」が成立したと発表した。発表した。

今回募集したのは姉崎中央変電所における275/66kV変圧器増容量工事の総工事費約1,310百万円の負担。募集容量は10万kW。これに対し、今回申込があった件数は計10件(5.0万kW)。このうち、共同負担申込に進んだ事業者が7件、うち1件が辞退し最終的には6件(2.9万kW)が優先系統連系希望者として決定された。

なお、今回の募集で募集容量(10万kW)に比べ応募容量(2.9万kW)が著しく下回った場合は、増強規模の縮小など工事を見直す予定であったが、千葉県中西部エリアにおいては、予定通り姉崎中央変電所の1号変圧器を150MVAから300MVAへ増容量する予定だ。

予定通り系統のスペックは上がる

予定通り系統のスペックは上がる

電力網の増強費用を、発電事業者側も負担するしくみ

電力接続案件募集プロセスは、電力広域的運営推進機関の送配電等業務指針に規定されたルール。発電設備等を電力系統に接続するにあたって、特別高圧系統の増強が必要となり、系統増強費用が高額となる場合において、その系統増強費用を共同負担する事業者を募集するもの。

以下の要件を満たす事業者が募集プロセスの開始申込みを行うことができる。

  1. 特別高圧の送電系統(特別高圧と高圧を連系する変圧器を含む)の増強工事が含まれる。
  2. 工事費負担金を接続検討の前提とした最大受電電力で除した額が20,000円/kWを超える。

今回から、同社の案件募集プロセスでは、共同負担申込後に辞退した場合、その申込保証金は返金されず、募集対象工事費に充当される。今回は1社が辞退しており、保証金の21.6万円が返金されない結果になった。詳細は電力広域的運営推進機関のホームページを参照。

同社は、「募集プロセス」に基づき、2016年1月より系統連系を希望する発電事業者を募集していた。今回、同エリアにおけるすべての優先系統連系希望者との間で工事費負担金補償契約を締結したことから、「募集プロセス」が成立したと発表した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.