> > 自動車・電車に使える振動・加速度センサ、東北大が開発

自動車・電車に使える振動・加速度センサ、東北大が開発

 印刷 記事を保存

東北大学(宮城県仙台市)の未来科学技術共同研究センターのグループは12月15日、「エナジーハーベスタ」を用いたセンサを開発し、その実用化のために、仙台スマートマシーンズ(宮城県仙台市)を設立した。

超小型で給電の必要なし! 自動車や電車にも使用可能

今回開発された技術はエナジーハーベスタを用いた超小型・超軽量の無給電センサ。

「エナジー・ハーベスタ(環境発電)」とは、身近にある太陽光や温度差、振動などを電気エネルギーに変換するデバイス。

発電出力は、容積1cc、振動加速度1gにて約1/1000W。

本センサノードは振動体にステンレススティール基板を採用しており、耐久性に優れている。そのため、自動車や電車などの過酷な条件下でも活用できる。

(※全文:809文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.